トークン不動産ってなに?

ピタットハウス東中野店の高橋です。

このところ、急に寒くなりましたね。10日には、東京も真冬並みの寒さで、多摩地区や埼玉では雪も降りました。

ところで、その10日の日本経済新聞朝刊に「トークン不動産 マネーを動かす」という見出しで、
「トークン不動産」の記事が載っていました。
「トークン不動産」とは、仮想通貨の発行で注目されている、「ブロックチェーン技術」を活用して、公的な不動産登記情報をデジタル化して、不動産を担保の裏付けにした「トークン(デジタル権利証)」を発行するもので、開発資金を提供した投資家は不動産の持ち分(トークン)を、交換業者を通じて自由に売買できる仕組みのようです。

IMG_0056.jpg
(日本経済新聞より引用)この図を見ても、一般的な証券化との違いがよくわからない

既に米国では、NYマンハッタンのコンドミニアムで3,000万ドル(約33億円)や、アスペン(コロラド州)のリゾートホテルで1800万ドル(約20億円)の資金調達に、活用されているようです。

正直なところ、記事だけでは、内容が薄くてさっぱり理解できなかったのですが、従来の不動産の証券化よりも低コストで、不動産の流動化が出来るようです。

仮想通貨は、裏付けとなる資産がないので、投機的な値動きや、詐欺事件が急増したりし、まともな投資対象にはなりにくかったわけですが、ブロックチェーン技術を活用した「トークン不動産」なら、安心して投資が出来るようになり、不動産の流動化にとってはプラスになるかもしれません。

やがては、日本でも、「トークン不動産」投資が、REIT(不動産投資信託)のように、一般的な投資商品になるかもしれませんね。

ブロックチェーンとか、もっと勉強しないといけませんね。

もっとも、我々は、そんなこと知らなくても、不動産のプロフェッショナルとして、実物の不動産でいかに収益を上げるかといった運用力や、物件の「目利き」として鑑定眼を高めることが大事と言えるでしょうね。
スポンサーサイト

平成最後の繁忙期を終えて

reiwa.jpg

ピタットハウス東中野店の高橋です。

4月1日に新元号「令和」が発表されました。5月1日からは新元号になるわ
けで、今年の1月から3月は文字通り「平成最後の繁忙期」となったわけであ
ります。

今年の繁忙期を振り返ってみますと、賃貸については、例年以上に空室が少な
く、物件の確保に本当に苦労しました。特に、40㎡以上のカップル向けの1
LDK、2DK、ファミリー向けの2LDK、3LDK等の物件の不足が目立
ちました。また、東中野で言えばユニゾンタワーやアコルト新宿落合などの高
級物件も空室がなく、空き予定が出るとすぐ予約申し込みが入ってしまう状況
で、ここ数年でも見られないほど、空室率が低下した状況であったかと思いま
す。

一方、売買に関しては、東日本レインズのデータに依れば東京都区部の成約単
価は2018年12月に74ヶ月ぶりに下落したものの、1月以降反転して上
昇しています。

総務省の人口移動報告によると、東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉の一都三
県)の人口流入は、2018年に13万9868人の転入超過になっており、
前年比で11%増となっており、2011年に6万2千人だった転入超過が2
014以降毎年10万人以上の転入超過が続いています。、日本全体の人口減
と反対に東京圏転入への一極集中傾向が加速しているといえるでしょう。

10月には消費税率の引き上げ、来年は東京オリンピックの開催など、イベン
トが続きますが、低金利は今後も継続すると思われ、東京圏への人口流入の傾
向は継続すると思われること、女性の社会進出や子育て支援が充実していくこ
とも予想され職住近接が求められることから、都内23区内環状8号線以内のエリアの
不動産需要は根強いものと思われます。

巷間、オリンピック後は不動産価格の暴落がささやかれたりしていますが、
例えば米国と中国、あるいは北朝鮮と戦争をはじめるとか、大地震がくるとか、
そういった、特別なことがない限りは、不動産価格が大きく崩れることはないでしょう。

わかめラーメン7倍!

ピタットハウス東中野店の高橋です。

今日は、朝から、たくさんのお客様にご来店いただきました。
ありがとうございました。

そんなわけで、忙しかったので、お昼はカップラーメンに。

エースコックの「わかめラーメン7倍」です。

麺は大盛りです!


IMG_0444.jpg

わかめを入れます。
2袋あります!
IMG_0445 (編集済み)

お湯を注いで3分すると

IMG_0447.jpg
わかめが多くて、麺が見えない!
スパイスと液体スープを入れて出来上がり!

IMG_0450.jpg

ボリューム満点、腹一杯になりました\(^o^)/

中古マンション価格上昇続く

ピタットハウス東中野店の高橋です。

コアラは1日に20時間眠るそうです。
生まれ変わるときは、コアラに生まれたいと思うこの頃です。

日本経済新聞の報道によれば、アットホームがまとめた2018年3月の首都圏中古マンションの成約価格は前年同月比12%上昇して3014万円だった。3000万円を超えるのは比較可能な2009年1月以降初めてで、アットホームによれば「若年層も高齢者も利便性の高い東京23区に居住する志向が強く新築より割安な中古に人気が集まっている」とのこと。エリア別では東京23区が9%上昇し3709万円と全体を牽引しており、将来は賃貸することを視野に入れ、居住スペースが狭くても資産価値の高い23区の中古物件を選ぶ人が増えていて、成約物件の平均面積は55㎡と首都圏の平均より1割狭い。アットホームでは「投資目的の需要ではなく、購入者が実際に居住する実需に支えられており、過熱感はない」と分析しており、上昇傾向は続くと見られています。

平成30年の地価公示

3月27日に国土交通省により、平成30年の地価が公示されました(地価公示)

この公示価格は、国土交通省土地鑑定委員会が、全国の不動産鑑定士の地価調査をもとに、毎年1月1日現在の標準値における土地の正常価格を、公示するもので、公共用地の取得価格の基準にしたり、固定資産税評価額や相続税評価額の算定に必要な路線価を決定する際の基準となる価格として国が定めたもので、一般の土地取引の指標としての役割を担っています。

ただし、実際の取引事例を参考にして、不動産鑑定士が鑑定評価しているわけですが、取引時点とタイムラグがあるため、相場の後追いとなることや、実際の取引事例の把握が困難なことから、実勢価格との差異が生じることは往々にしてあって、相場上昇時は実勢価格より低めに、相場下落時には実勢価格より高めになりがちであると指摘されています。

では、東中野周辺の地価公示を見ていきたいと思います。

東中野の平成30年の地価公示価格(単位千円/㎡)

所在地    価格(前年比)

【住宅地】
•東中野3-19-18 568(104.0%)
•東中野1-14-5 694(104.2%)
•東中野2-33-2 597(104.3%)

【商業地】
•東中野3-8-15 1690(108.3%)
•東中野1-6-4 779(105.5%)
•東中野3-15-14 777(106.4%)
•東中野4-10-20 844(108.9%)

住宅地は4%、商業地は5.5%~9%弱の上昇となりました。